Home > 睡眠の悩み > 私はコーヒーを飲んでも眠れる

私はコーヒーを飲んでも眠れる

夜、コーヒーを飲むと眠れなくなるのは

041.jpg

1杯のコーヒーには100mg近い量のカフェインが含まれています。飲んで、30分もすると、カフェインの持つ覚醒作用が眠気を消してしまいます。

飲んだカフェインを半分代謝するのに、3~4時間かかりますから、夜中まで寝付けないということも起こります。

さらに、利尿作用がありますので、夜中にトイレに起きる可能性も高くなります。
やっと眠くなってきたころに、起き上がってトイレに。
コーヒーを飲むと眠れないというのは、こういうことです。

コーヒーを飲んでも平気で眠れる人もいる

028.jpg

眠れなくなる人にとっては、うらやましいような人です。体質的にカフェインが効かないのでしょうか。なんにでも例外はありますが、コーヒーを飲んでも、眠れるのは、慢性的な睡眠不足の人に多いといわれています。

このような人の場合、コーヒーを飲んでも眠れるのではなく、コーヒーを飲まないと覚醒度が下がってしまうのです。コーヒーを飲まないとシャキッとしないのです。

慢性的睡眠不足とカフェイン依存症

コーヒーを飲んでも眠れるという意識と、飲まないと十分目覚めた感じがしない、眠いという意識があると、慢性的に、過剰にカフェインを摂ることになります。コーヒーを飲まないとすっきりしない、コーヒーを飲まないと頭が痛くなるなどという場合はカフェイン依存症と慢性睡眠不足の状態にあると予想されます。

カテゴリ: 睡眠の悩み , 眠くなる悩み