Home > 眠くなる悩み

「眠くなる悩み」の一覧

睡眠と覚醒のリズムの山と谷:昼の眠気・深夜の事故多発

睡眠中のリズムでよく知られているのは、ノンレム睡眠とレム睡眠で構成される約90分の睡眠のリズムです。

人間の眠りは単調な同じ眠りがひと晩続くのではなく、ノンレム睡眠とレム睡眠を1セットとする約90分周期の眠りがひと晩に4回から5回繰り返されます。

私はコーヒーを飲んでも眠れる

1杯のコーヒーには100mg近い量のカフェインが含まれています。飲んで、30分もすると、カフェインの持つ覚醒作用が眠気を消してしまいます。

飲んだカフェインを半分代謝するのに、3~4時間かかりますから、夜中まで寝付けないということも起こります。

眠気・居眠り

昼間、異常な眠気に襲われると訴える人が、意外にたくさんいます。(15%)

鉄道の運転手が突然居眠りをして、事故が発生し、異常な眠気の原因が睡眠時無呼吸症候群という病気であることがわかり、大きな話題になりました。眠気は仕事や勉強の集中力をなくし、もちろん効率も悪くなります。仕事の内容によっては、事故に発展する可能性もあります。

夜勤者の睡眠と眠気

夜勤は本来睡眠のリズムの時間に起きて仕事をするため、眠気が大きな問題になります。仕事中の事故の原因はいろいろですが、眠気が決定的な原因となることがかなり多いといわれています。
  運転手や工場などで危険な物を扱っている人が、居眠りしそうだったら、ぞっとするでしょう。 人間の生命活動の中心にあるリズムの山と谷のなかで、夜勤中の眠くなる時間帯は、ちょうど谷になる時間帯です。そのため、多少の個人差や生活の仕方による差はあるものの、誰でも感じる共通の眠気であり、共通に経験する危険の増大時期に相当します。