Home > 睡眠の悩み > アルコール依存症

アルコール依存症

アルコール依存症と睡眠障害

184.jpg

アルコール依存症の人の眠りは、深い眠りがなくなったり、極端に少なくなります。
眠りにつくまでの時間が長くなり、中途覚醒も多くなります。睡眠が不安定で、熟睡できません。睡眠のために、アルコールは1%の効果と99%の逆効果と考えるべきです。

睡眠障害の原因はアルコールなのに、眠るためにアルコールを飲む

230.jpg

アルコール依存症の眠りは不安定になります。
そのため、不眠の解消のために、またアルコールという悪循環に陥りやすくなります。

アルコールの量が増え、依存心が強くなります。
眠るためのアルコールはやめ、また薬に頼ることなく、眠るトレーニングをすべきです。
食事、運動の改善、精神的な落ち着きが生まれるように、生活全体の見直したいものです。
睡眠に寝具も大きく影響します。
本サイトは、ここちよく眠るため、熟睡のための多方面からの情報を紹介しています。
もし、眠るためにアルコール依存傾向を感じる方が、このページをご覧になったなら、サイト全体を、ぜひお読みいただいて、ご自分にあった健康的な方法を見つけてください。寝具のサイト、目覚めのサイトにも、参考になる情報があります。

カテゴリ: 睡眠の悩み , 睡眠と病気