いびき

いびきの原因

img alt="233.jpg" src="http://nemunemu-nandemo.com/suimin/photo/233.jpg" width="193" height="150" class="mt-image-left" style="float: left; margin: 10 20px 10px 0;" />

仰向けで眠ると筋肉がリラックスした状態で、のどの周りや舌の付け根の筋肉が緩み、のどの奥に向かって落ち込んだ状態になります。すると気道が狭くなり、呼吸の際に、空気の流れで、振動がおこり、いびきになります。

高齢・肥満

高齢になると、のどの周りの筋肉も老化し、いびきをかきやすくなります。
疲労・飲酒・肥満・鼻やのどのトラブルがあると呼吸による空気の出入りがのどの壁を振動させ、やはりいびきになります。

規則正しいいびきは心配ない

通常の規則正しい呼吸ができていれば、いびきは問題ありません。
ところが、大きないびきが止まったり、止まったと思うと、また始まるような場合は、睡眠時無呼吸症候群が疑われるため、注意が必要となります。
そのような場合に最初に気づくのは家族です。よく観察して、異常を感じた場合は病院で診察が比喩ようです。場合によっては、いびきを録音したり、呼吸が停止する場合は、間隔がその長さなどをできるだけ正確に記録しておくとよくわかります。

カテゴリ: 仮眠室:眠りの話題