Home > 仮眠室:眠りの話題

「仮眠室:眠りの話題」の一覧

朝9時の訪問客:オスカー・ワイルドの返事

クイズ:朝9時にお宅を訪問させていただいてよろしいでしょうか

オスカー・ワイルドにある友人が、
「朝早く失礼とは存じますが、明朝9時にお宅を訪問させていただいてもよろしいでしょうか?」
とたずねました。
さて、ワイルドはなんと答えたのでしょうか。

クイズ:眠るために数を数えたら、かえって眠れなくなった。どんな職業の人?

Q:数を数えているうちに眠くなりますよ

不眠症で悩むある人が相談に行きました。するとカウンセラーが、「横になって、1、2、3・・・と数えているうちに眠くなって自然に眠れます。」とアドバイスしました。
不眠症の人は、なるほどそういうものか、と納得して、帰っていきました。
ところが、3日目にその人がやってきて、「あんなひどいアドバイスはない。
眠くなるどころか、私はだんだん興奮して10数えるまでに起き上がってしまいます。 何度やっても駄目です。」と訴えました。
さて、なぜでしょう?

クイズ:動物に一番必要なものは、なあに?

面白い話:クイズ

Q:野生の動物を慣れない環境におくと、彼らは最初に何をするでしょうか。


眠りの価値

よく、ナポレオンは3時間しか寝なかったという話を聞きます。ことの真偽は知りませんが、このことばの根底にあるのは、「眠りの時間は無駄!」という考え方です。

睡眠研究の道を開いた脳波の測定

睡眠は科学的研究の進まないテーマだった 人間は人生のおよそ1/3を寝て過ごしま...

動物の眠り:猫も夢を見る

人間と動物の間には大きな違いがありますが、睡眠の場合も、動物は、人間のように昼起きて、夜間に8時間程度眠るという睡眠・覚醒の型をもってはいません。
そのため、動物実験で睡眠について研究した結果をそのまま人間に当てはめることは、一般にできません。
犬や猫を見ても、人間の睡眠とはずいぶん違うことがわかります。これらの動物は昼もよく眠っていますが、眠りから簡単に覚めます。

人間の眠りと動物の眠りの違い

小動物は短い眠りを何度もとることが多い。犬や猫を観察しているとある程度わかります。 また草原に住む草食動物は、ほとんど眠らないといわれています。
ライオンなど草食動物を餌とする肉食動物は、主に、夜間に狩をしますので、キリンやシマウマがのんびり横になって寝ていてはすぐに餌食になってしまいます。

おねしょ(夜尿症)

おねしょは本人も恥ずかしいし、布団が濡れるため、親もかなり困ります。
当然、悪気があってしているわけではありません。また、眠っている無意識の間に漏れてしまうので、本人としては努力のしようがないと感じるものです。そのため、叱ったからと言って何の解決にもなりません。

kanasibari(金縛り)

津波がTsunamiとして世界で用いられるように、金縛りもKanashibariとして世界で用いられる珍しい言葉です。入眠時に恐怖感のある幻覚や夢を見て目を覚まそう、身体を動かそうとするのですが、意識はあるのに身体が動かない状態になることです。

寝返り

眠っている間、動かないでいると、身体の重みが一箇所に集中して筋肉が疲れたり、血行が悪くなったりして苦しくなります。そのため、寝返りは身体を動かして、血行不良を改善し、もっと楽な姿勢になろうとする動作です。
身体の下側の布団と接している部分は熱がこもりやすく、血行も悪くなります。、寝返りすることで、熱が発散され、血行が回復し、安眠できるという効果があります。
日中の活動で歪んだ頚椎や脊椎、腰椎などを修復する役目もあります。運動などで疲れたとき、特に寝返りが多くなることがあります。寝相が悪いのは、このような身体の機能の調節機能が活発に働いて、その結果、寝返りをしているためで、健康な睡眠には欠かせないものです。
気持ちよく眠るため、疲労を回復するためには重要な役割を果たしています。寝返りをしない寝相のよい睡眠の方がむしろ問題です。

夜泣き

「夜泣き」という概念は日本独特のものです。しかし「Yonaki」として世界に通用するほどには、この現象は認識されていません。
特に、欧米では幼い時から寝室を別にする習慣がありますので、把握できない可能性があります。日本のように両親と一緒に寝ることが多い社会では夜泣きで、両親の睡眠が妨げられることになるため、比較的重大な現象として認識されることになります。
日本では、夜泣きをする時期の幼児を持つ親の60%が夜泣きで悩んでいるといわれるほどです。

いびき

仰向けで眠ると筋肉がリラックスした状態で、のどの周りや舌の付け根の筋肉が緩み、のどの奥に向かって落ち込んだ状態になります。すると気道が狭くなり、呼吸の際に、空気の流れで、振動がおこり、いびきになります。

通常の規則正しい呼吸ができていれば、いびきは問題ありませんが、大きないびきが止まったり、止まったと思うと、また始まるような場合は、睡眠時無呼吸症候群が疑われるため、注意が必要となります。

寝だめ

ある日、一日をできるかぎり有効に使うために、その日は寝ないで、まるまる一日活動に充てたい。そのため、今日のうちに明日の分まで寝ておこうというようなことを考えます。理屈ではうまくいきそうに思えるかもしれませんが、そのような「寝だめ」は残念ながら、わたしたち人間にはできません。

イルカは、眠っても、おぼれない

イルカは哺乳類ですから、陸上の動物と同じように肺で呼吸をします。
もし、眠ってしまったら、水を吸ったりして、溺れてしまうのではないでしょうか。
海はいつも穏やかなわけではないので、なおさらです。
いったい、イルカやクジラなどの海に住む哺乳類は、どのように眠るのでしょうか。

美人は夜作られる

美しい肌を作るために、睡眠は非常に重要な役割を果たしています。
眠り始めると最初に深い眠りが訪れます。睡眠の初期は、もっとも深いノンレム睡眠です。
このとき、脳下垂体から成長ホルモンが活発に分泌されます。この成長ホルモンが骨を作り、皮膚を作る働きをします。皮膚を作るだけでなく、栄養を与え、いたんだ細胞を修復する働きがあります。22時~2時頃の時間です。
そのため、この時間に深い眠りを十分に取ることで肌につや・ハリが生まれます。

草原の動物の眠り

シマウマのような動物は、野生の場合、立ったまま、うつらうつらして眠ります。
夜、横になって、穏やかに眠るようなことはありません。
草原の草食動物もとって、夜は、もっとも危険なときだからです。
ライオン、オオカミのような肉食動物は、自分の身を隠しやすい夜に狩りをします。

眠らない動物

アホウドリのような長距離を移動する鳥は、飛んでいる間は眠らないと言われてます。 眠ってしまったら、墜落してしまいます。飛ぶことができません。

眠っているウサギを捕まえた話・道案内をしたウサギの話

日向市は、山に行くと野生のウサギがいるようなところでしたので、ウサギはそんなに驚きませんでしたが、寝ていることろを、捕まえられるとは、ドジなウサギだ、とあきれまてしまいました。 ウサギとカメの物語で寝坊して、カメに競争で負けてしまうウサギの話は、こんなのんきな性質からできたのかも知れません。