Home > 睡眠と寝具 > 布団の一番重要な性能は?:それは「保温性」です

布団の一番重要な性能は?:それは「保温性」です

布団の中の温度

sleepingweman15.jpg 眠っている女性の写真

もっとも快適な寝具の中の温度は、一般に、体温より少し低めの33度が快適とされています。活動していた昼と比べ、寝ているときは、身体のエネルギー消費は減ります。そこで、眠るときは、昼の活動中に身体に溜まった熱を放出して、徐々に眠りにつきます。
身体の熱が適度に放出され、なお、適度に保温するのがよい布団です。

では、この温度はどのように成り立つのでしょうか。

寝る前の寝具の温度は、部屋の温度と同じです。

sleepingcouple32.jpg 寝ているカップルの写真

真夏の熱中夜は布団の温度も最初から33度以上のこともありますから、このような特別に暑い夜は別として、普通の気候の夜は、人が布団に入ると、体温で布団の内側が温まります。
布団の外側は室内の温度なので、布団は外側から冷やされます。内側から人の体温で温められ、外側からは部屋の空気が冷やすため、ある程度の温度でバランスします。
このバランスは部屋の温度と布団の保温性と身体から放出される熱で決まります。

布団に求められる第一の性能:保温性と放熱性の両立

春、夏、秋、冬の季節の違いや冷房、暖房、換気などの条件や、
晴れ、雨などの日ごとの気象の違いで部屋の温度は変わりますが、
保温性(放熱性)が布団の重要な要素になります。

布団の厚さ、枚数で保温性、放熱性の調整

私たちは、季節によって、掛け布団を2枚から1枚に減らしたり、
夏がけに変えたり、毛布を加えたり調整をしますが、
これは、主に、保温性と放熱性を布団の厚さで調整しているのです。

夏であれば、肌掛け1枚にして、保温性を下げ、放熱性を良くし、
冬であれば、掛け布団の他に毛布を加えて、保温性をあげて、放熱性を抑えたりします。
体温よりやや低めで、身体の熱を逃がしながら、程よく保温するという33度が、暖かく眠るための最適温度です。

保温性が「良ければ」布団の性能がよいと単純に言えませんが、保温性は布団の良し悪しを決める上で、重要なポイントの一つになります。

カテゴリ: 睡眠と寝具