Home > 睡眠と寝具 > 熟睡(2):よい寝具なしによい眠りなし

熟睡(2):よい寝具なしによい眠りなし

睡眠で悩みを抱えている人が多い:なぜ熟睡できないのだろうか

sleepingweman23.jpg 眠っている女性

私の熟睡を妨げるものは、なんだろうか。
考えてみたことがありますか。

私は、どうして、すぐに寝つけないのだろうか。なぜ、よく目覚めてしまうのだろうか。

  • ・布団は心地よく暖かいでしょうか。
  • ・布団は湿っぽくなく、快適でしょうか。
  • ・枕はちょうどよい高さでしょうか。
  • ・布団に身体が沈みこんでいないでしょうか。。
  • ・寝返りしやすいでしょうか。

睡眠のトラブルが昼の生活を脅かしている:現代人の心身の疲労は限界

bed34.jpg ベッドの写真

一日、起きて生活すると、足や腰に身体の重さが加わります。
背骨にも頭や身体の重量が加わります。無理な姿勢で働いていれば、身体全体にいろいろな疲労がたまります。
いすに座っていても、パソコンのモニタをのぞくときも不自然な姿勢になりがちです。

ストレスが追い打ちをかける

肉体の疲労だけではありません。
会社仕事や人間関係、家庭の中のいろいろな出来事、個人的な問題、社会不安。
たいてい、一日が終わって、帰宅したときに、口から出る言葉は、 「ただいま。あー疲れた」ではないでしょうか。

熟睡なしに疲労回復なし

休息は横になって寝ることなのです。私たちは疲れると、眠りを求めます。
そして、熟睡なしに、心身のリフレッシュはありません。

よい寝具なしによい睡眠なし

本当によい寝具との出会いがなければ、熟睡はありません。
寝具なしでの睡眠を想像してください。
眠れないばかりか、風邪を引いたり、病気にさえなってしまいます。
睡眠中の私たちを暖かく包み、疲れを取り除き、睡眠を守るのは、寝具なのです。
手足を十分伸ばし、全身の緊張を解いて、ゆったりと暖かい布団に横たわるのは至福のときです。

カテゴリ: 睡眠と寝具