Home > 朝の時間

「朝の時間」の一覧

夜の方が朝より集中できる?

夜勤労働と昼勤労働で効率を比較すると、昼の方がはるかに仕事がはかどることが知られています。また、夜勤の時間帯は集中力が低下して、事故が昼の勤務者と比べて多いことが知られています。
比較的、単純な事実です。
多くの人が夜型生活の理由に、夜の方が仕事や勉強に集中できて、効率がよいといいますが。

2時間早く起き、15分区切りで仕事をする

仕事に出かける時間よりも2時間早く起きよう

2時間前というと、7時に出勤で家を出るなら、5時ちょっと前に起きる。6時が出勤なら、4時になる。
そのためには9時か10時には就寝しないと、継続できません。10時-5時なら睡眠時間7時間ですから、そんなに無理ではありませんし、悪くない計画です。

15分1スパンで作業

アメリカ型朝ビジネス

ニクソンのウオーターゲート事件で有罪になって、2年ほど服役したコルソンという人はニクソンの右腕と言われ、政敵を次々と失脚させたので、ニクソンの殺し屋ともいわれた人物ですが、この人が後に書いた手記に、早朝から集まって、朝食をとりながら、情報交換している彼らの様子が書かれています。「朝を制するものは人生を制する」というような考え方がアメリカ社会の根底にあるように思われます。

朝おきるための工夫

朝の仕事を作る・起きる目的を作る

ぎりぎりまで寝ている生活から、早起きして健康的に、一日を有効に、生活するには、朝、起きてから、会社や学校に行く前にすることを作ることがとても大切。
その「何か」をするために必要な時間を考えて、その分、早く起きるのですが、
前の晩に、朝起きてからすぐにできるように、事前に十分な段取りをしておくことがポイントです。
起きてから準備を開始するようでは、結局、何もできないで、ボーッとしているうちに時間だけが過ぎてしまうことになります。

朝、起きられない:その原因を知る

気持ちよく起きられない原因を知る

寝不足の朝はつらい。誰でも経験していることでしょう。毎日、寝不足を続けていて、朝すっきり気持ちよく目覚めることはできません。
個人個人で異なるでしょうが、原因や理由を見つけることは、朝の目覚めには重要なことです。

朝起きられない

朝、一度目が覚めても、また寝てしまう

18.jpg

目覚ましをいくつもセットしないと起きられないという人がいます。
多くの若い人がそのような悩みを持っています。
学生時代のそのような生活習慣が、社会に出るときの不安になっていることもあります。
朝起きるために重要なことの一つが、「目が覚めたら、すぐ起きる」ということです。

朝の不思議な力

朝には新しいいのちがある

まだ、幼いこどもたちは、よく熱を出しす。小学校入学までに子供が罹る(かかる)べき、はしかなどのいろいろな伝染病に一通り罹っておかないといけません。成人してから罹ると重症になります。そんなわけで、子供はよく病気になります。お母さんたちは、ほとんど一睡もすることなく、看病します。
子どもたちは熱があると、夜の暗い時間は、熱も高く、うなされたり、ぐずったりします。
しかし、明け方が近づき、だんだん明るくなってきて、ついに夜が明け、小鳥がさえずり始めると、 母親は、ほっとしたように立ち上がり、窓を開け、朝の空気を入れます。
朝が来たからです。そして、夜の間の不安から開放されます。

朝がもたらす力

夜の睡眠中に、ホルモンが盛んに分泌され、昼の間に傷ついた細胞組織などが修復されます。よく、睡眠不足が原因で、「肌荒れ」になるといわれるのは、睡眠中の成長ホルモンの分泌と深い関係があることが知られています。また、「寝る子は育つ」というのも、睡眠と成長が深い関係で結ばれていることを、みごとに指摘したものだといわれます。