Home > 朝の目覚め > レム睡眠のときに起こしてくれる目覚まし時計

レム睡眠のときに起こしてくれる目覚まし時計

腕の動きでレム睡眠を判定

58.jpg

睡眠には、深い眠りのノンレム睡眠と比較的浅い眠りのレム睡眠があることは、よく知られています。
この2つの睡眠1セットは約90分で、初めがノンレム、後半がレム睡眠ですが、それぞれの長さは決まっていません。
朝、目覚ましで起きるとき、ちょうどその時がレム睡眠であれば、ノンレム睡眠のときよりも目覚めやすくいのですが、たまたまノンレム睡眠期であれば、ベルの音に気がつかなかったり、ベルを止めた後、うっかりそのまま寝てしまったということはよくある話です。
とくに、朝、起きるのが苦手な人は、いくつも目覚ましをセットしたり、何度もベルが鳴るようにせっとしたり、
音の大きな目覚ましを購入したり、なかなか大変なようです。

目覚めやすいレム睡眠のときに起こしてくれる目覚まし時計

sleeptracker.jpg

目覚まし時計も大きな進化を遂げました。
目覚めやすいレム睡眠を狙って、ベルを鳴らしたり、バイブレーターの振動で起こしてくれる目覚まし時計があります。

明け方のノンレム睡眠は、寝付いた直後のノンレム睡眠と比べて、比較的浅い眠りですが、
レム睡眠と比べると、目覚めやすい、浅い眠りです。
スリープトラッカーが代表的ですが、いろいろな特徴をもった新製品が次々と登場しています。上手に活用すると、便利です。
ただし、睡眠不足で起きるのが根本的につらい時は、やはり起きるのが難しいことに変わりありません。
生活習慣を整えることに勝る解決策はありません。

カテゴリ: 朝の目覚め