Home > トイレの事情 > 排泄の介助

排泄の介助

介助する側も介助される側にも精神的な負担

323.jpg

悪臭や陰部に触れるため、介助する側も抵抗を感じることが考えられます。
同じことは、介助される側にもあります。
しかし、排泄は生きていくうえで避けて通ることができません。
トイレの世話をされるのはいやだけら、「なるべく、水分をとらない。食べない」
「トイレを我慢する」ということになりやすいのです。

リラックスした雰囲気が大切

命令口調、失敗を責めることはよい結果になりません。
失敗を恐れることがかえって失敗を引き起こします。
「ゆっくりと高齢者の速度にあわせて、声をかけながら」リラックスした雰囲気を作り出すことが大切です。
信頼関係を築くことも大切なことです。

高齢者の速度にあわせてゆっくりと・対応はすばやく

オムツの交換などの場合、必要なものを先に用意しておくようにしたいものです。
「お尻をだしたまま」放置されたら、たまりません。
事前に準備しておき、手早く交換してあげましょう。
人目を避ける工夫も大切。羞恥心を理解しましょう。
「臭い、汚い」ということばは高齢者を傷つけます。

技術向上で変わる

一生懸命やってくれるし、よい人だけど、
介助が下手で、おむつ交換がうまくできない、手間取るというのでは、信頼されません。
介護技術の向上なしによい介護はできません。 記録をつけて、排泄のサイクルを把握、うまくできなかったことを反省して、よくなかった点を改善することで、日々向上できます。

防水シーツなどを利用する

防水性があり、万一失敗しても布団、ベッドを汚すことなく、
しかも、ゴムのように蒸れることがない床ずれを防ぐ機能を備えたシーツもあります。
介護を助けるいろいろなよいものがあります。
介助者にも、介助される側にもよいものがありますので、賢く利用したいものです。

カテゴリ: トイレの事情