Home > 食事のトラブル > 食べるときの姿勢

食べるときの姿勢

背中を丸めない・そっくり返らない

shisei2.jpg

食べるときの姿勢が悪いと、飲み込むときに、むせを起こしやすくなります。
食事のときは正しい姿勢が大事です。
背中を丸めると首が後ろにそっくりかえってしまいます。
また、前のめりになるのも同様、首を後ろにそっくりかえってしまいます。

姿勢が悪いとのみ込みのトラブルをおこす

shisei1.jpg

のみ込む機能(筋肉)はすべて首に付いていますので、このような姿勢になると、 のみ込みがうまくできなくなり、むせを引き起こします。

正しい姿勢のポイント

首がまっすぐになるように背中をまっすぐに足の裏をしっかり床につけるような姿勢を保ちましょう。

肘がテーブルの上にちょうどのるぐらいの高さになるようにして、手前に引くと姿勢よくすわることができます。

カテゴリ: 食事のトラブル