Home > 食事のトラブル > 食べずらさの原因:身体的な機能低下

食べずらさの原因:身体的な機能低下

食事中のトラブル:咳き込み

308.jpg

高齢になると、食事や飲み物でむせたり、口の中を噛んでしまうことが増えます。
特に、食べ物が気管に入って咳き込むトラブルは苦しいだけでなく、肺炎を引き起こす原因にもなります。食事は毎日のことであり、生きるために欠くことのできないことですから、高齢者にとって大きな問題となります。
飲み込みのトラブルにはいろいろな原因がありますが、そのひとつは高齢になったための身体的な機能低下です。

食事のトラブルを起こす原因となる老化

高齢になると、身体のいろいろな部分が、機能が若いときと比べて衰えます。
食べずらさの原因となる身体の機能の衰えとは、どんなことでしょうか。

機能低下とはどんなこと?

309.jpg

・歯が少なくなること

十分に噛むことによって食べ物は飲み込みやすくなります。
80・20 80歳で20本の歯を残そう:日本歯科医師会が提唱

・口が渇く

加齢により、唾液が減少し、口が渇きます。唾液は食べるために重要です。
さらに、唾液は口内を洗い流し、清潔に保つ働きをします。

・喉仏の動きが悪くなる

喉仏には、声帯があり、飲み込むときに重要な働きをします。
動きが衰えると、肺の方へ食べ物がいきやすくなり、食道の入口が開きにくくなります。
また、鼻と口の間の仕切りが悪くなり、食べ物が鼻の方へいきやすくなります。
動きが少し悪くなるだけでも、タイミングがずれてむせや咳き込みの原因になります。

カテゴリ: 食事のトラブル