Home > 食事のトラブル > 口腔ケア

口腔ケア

清潔な口が健康のもと

321.jpg

口の中の健康状態を保つことは健康維持にとって大変重要である。
高齢者は歯磨きや入れ歯の管理を怠りがちになり、
特に寝たきりになると、その傾向が強くなります。

口腔の清潔は病気のリスクを減らす

口腔の衛生は肺炎や発熱などの予防とも深くかかわっていますが、
その重要性があまり認識されていないことが問題です。
いろいろなものが口から体内に入ります。
入口が衛生的なことが重要なことは、ちょっと考えれば推測できることです。
口の中を常時清潔に保つことを心がけるだけで病気のリスクを減らすことができるのです。

健康な歯は長生きのもと

健康な歯を維持することの重要性は、
80・20運動でも提唱されているとおりです。
80・20運動は80才になっても、自分の歯を20本以上持とう、という運動です。

カテゴリ: 食事のトラブル