Home > 介護保険サービス > 老年症候群 VS 元気でいたいという意欲

老年症候群 VS 元気でいたいという意欲

高齢になっても機能は回復する

313.jpg

年をとって身体の機能、活動が低下しますが、年のせいだからと、そのまま身体を動かさないと余計に身体機能が低下してしまいます。
十分に動かせないようでも、努力して、それなりに身体を動かしたり、運動すれば機能は回復していきます。

高齢者が陥りやすいのは、歳だからといってあきらめてしまうことです。
身体を使わないため、結果的に機能が低下してしまうことになります。
要介護になる原因の大きな要素がこのあきらめ、努力放棄の老年症候群だといわれています。

とくに高齢者の場合、使わないと機能は衰える

314.jpg

使わない機能はそのまま衰えていきます。これは若い人でも言えることですが、高齢者では衰えが顕著です。
そのため、高齢者の場合、衰え、機能低下していくことを受け入れてしまい、あきらめやすい傾向があります。

積極的に、何らかのトレーニングをすれば、機能はほとんど衰えることなく維持できます。
衰えていくことへの気づき、元気で活動的に生活したいという意欲がとても重要です。
積極的にトレーニングをするか、何かのプログラムに参加すれば、要介護になることをかなり予防できます。
高齢になるほど差が出てきます。
この意識改革こそが予防サービスです。

カテゴリ: 介護保険サービス