Home > 介護保険サービス > ケアマネージャ:介護サービス利用のキーパーソン

ケアマネージャ:介護サービス利用のキーパーソン

ケアマネージャは要介護者の代弁者

plan.jpg

介護サービスを利用する場合は、最初にケアマネージャを選ぶことから始まります。
ケアマネージャと相談しながら、具体的なサービス内容を調整します。
サービスの利用者はケアマネージャを通してサービス提供事業者も決めることになります。

ケアマネージャに必要を十分に理解してもらうことが重要

ケアマネージはサービス利用者の希望を聞き、生活状況やニーズを把握するアセスメント(課題分析)を行い、
具体的に利用するサービスを決めていきます。
よいケアマネージャと出会うことがその後の介護サービスの内容を決定するといっても過言ではありません。

ケアマネージャが調整役

plan2.jpg

サービスを利用するための日程の調整や細かい事務処理は、提供者が直接要介護者や家族とするのではなく、ケアマネージを通して行う。
ケアマネージャは自治体との交渉、社会福祉士との相談など、ケアマネージャを中心に介護サービス全体が連携して要介護者を支援していきます。
ケアマネージャがキーパーソンとなります。

カテゴリ: 介護保険サービス