Home > 感染症対策 > 誤嚥による肺炎

誤嚥による肺炎

肺炎は死因のトップ4

  • 1.悪性新生物
  • 2.心疾患
  • 3.脳血管疾患
  • 4.肺炎(肺炎・気管支炎の死亡の97%は高齢者)

(厚労省の国民衛生の動向による)

2種類の誤嚥

349.jpg

飲み込んだものが気管に入る(機械的誤嚥)

飲み込みにくい食べ物・飲み物は飲み込みやすいように手を加えましょう。
高齢になると、喉の動きが鈍くなり、ちょっとしたことで誤嚥を起こします。

雑菌などが気管から肺に入る(化学的誤嚥)

食べ物の残りかすや雑菌、入れ歯についた細菌、逆流した胃液などが気管に入る誤嚥で、寝たきりの高齢者では肺炎の原因として重要視されています。

誤嚥を防ぐ手立て

機械的誤嚥を防ぐ
  1. 1.意識がはっきりしているときに食事をする
  2. 2.飲み込みやすい食事を作る
  3. 3.食事の時はできるだけ身体を起こすなど体位に気をつける
  4. 4.食事のときは食事に集中する
  5. ・むやみに話しかけない ・テレビなどをつけない
  6. 5.少量すつ。飲み込んでから次を口に入れる
  7. 6.食べやすい速度で。

化学的誤嚥を防ぐ
  1. 普段の口腔ケア(特に食後・睡眠前・朝目覚めた後)
  2. 歯磨き、うがい、入れ歯の手入れ

  3. 食後すぐには横にならない
  4. 30分。できれば2時間。
    胃液の逆流が心配なときは、頭を15度ぐらい持ち上げた状態にする。(夜間も)カテゴリ: 感染症対策