Home > 在宅介護 > 一人暮らしの高齢者支援の難しさ:後見制度の準備をしておきましょう

一人暮らしの高齢者支援の難しさ:後見制度の準備をしておきましょう

一人暮らしの高齢者の支援は難しい

312.jpg

一人暮らしの高齢者を支援する場合には、金銭の取り扱いが生じることがある。
財産、金銭が関係する取り扱いは大変難しい。
本人以外のものが銀行からお金を引き出さなければならないことが生じるとなおさらである。

一人暮らしの場合、たとえ親戚関係でも、やはり難しい。

親戚だからといって、信頼関係があるとは限らない。お金の問題は親戚でも難しい。
支援する側の誠実さ、正直であることは当然求められることだが、
銀行で、他人名義の口座から預金を引き出すとなると、誰でも疑いをかけられる。

任意後見制度、成年後見制度の利用準備

信頼して財産を任せられる人が果たしているのか、たいへん疑わしいご時勢である。
これは、解決できない問題であり、ひとり暮らしの高齢者支援は今後重要な問題になると予想される。
健康なときに、任意後見制度、成年後見制度などをよく理解し、準備しておくことがのぞましい。

カテゴリ: 在宅介護