Home > 在宅介護 > 在宅介護:ヘルパーに頼めること・頼めないこと

在宅介護:ヘルパーに頼めること・頼めないこと

在宅介護は家族による介護が中心

helper.jpg

在宅での介護保険サービスは、家族介護が前提となっているのが現状です。
介護サービスを中心にした在宅介護によって生活することは、現在のシステムではおそらく不可能といわれるほど不十分な制度です。
利用できる介護サービスには、かなりの制約があり、家族介護を補完するサービスにすぎません。

ヘルパーに頼めることにも制約がある

たとえば、要支援1,2と認定されている場合、たとえ病気があっても、ヘルパーに身の回りのことを依頼することはできません。
過剰にサービスを利用すると、身体を動かさなくなり、身体機能が低下するという介護予防の方針に反するためである。
また、要介護度によって利用できるサービスの内容と総額が決まります。サービスを自由に選べるというイメージではありません。

「現実」と一致しないが、これが「現実」である。

カテゴリ: 在宅介護