Home > 食品の医薬的価値

「食品の医薬的価値」の一覧

自然の食物の医薬的な価値と食事療法

医薬品と自然の食品・薬用植物

現代医学の治療で用いられる薬剤は、常にく同じ成分の、同質のものでなければ、医薬品として認可されません。
自然界で採れるものは、そこに有効成分、薬効成分が多量に含まれていても、成分が安定しないため、医薬品として認可されることはありません。
自然のものは、地域により、土地、天候により、常に成分に変化が生じます。
自然のもので、常に同じものを作り出すのは不向きです。
しかし、医薬品として認められるためには、「ばらつき」は受け入れられません。