Home > 抗原と抗体 > 抗体が大量に作られるまでのプロセス

抗体が大量に作られるまでのプロセス

B細胞とは

血液中のリンパ球の20%~30%はB細胞です。
B細胞は骨髄(Bone)から作られるので、その頭文字がつけられています。
B細胞は、その細胞表面に、免疫グロブリン(免疫:Immunity、グロブリン:globulin)で、一般にIgの略号で知られている分子を持っています。
Igは受容体(レセプター)と呼ばれ、抗原と結びつくのがこのレセプターの部分です。

B細胞の働き:抗原提示

B細胞の持つレセプターが抗原と結合することによって、高原はB細胞内に取り込まれ、分解されます。
B細胞は分解した抗原の断片を細胞表面のMHCに結合させ、提示します。
抗原提示といわれる機能です。
MHCとはMajor Histocompatibility Commplexのことで、日本語では主要組織適合遺伝子複合体と呼ばれるものです。


抗体の産生プロセス

B細胞によって提示された抗原断片が、T細胞を刺激、活性化し、刺激されたT細胞はインターロイキンIL4、IL5、IL6などを分泌します。
T細胞の名の由来はは胸腺によって作り出されるので、胸腺(Thymus)の頭文字Tがつけられています。
インターロイキンは再びB細胞を刺激し、活性化します。
活性化されたB細胞は分裂して性質を変え、抗体を作る抗体合成細胞(プラズマ細胞)に変わります。
プラズマ細胞の中で抗体が産生され、B細胞は抗体分子を大量に分泌します。


免疫の記憶

このとき、抗体の合成とともに、一部のB細胞は免疫系に保存され、免疫記憶細胞となります。
再び、同じ抗原の侵入があると、免疫記憶細胞はプラズマ細胞に変化し、大量に抗体を産生するため、二度目のときは、最初のときよりも反応が素早いため、病気になることがないのです。(二次免疫反応)

カテゴリ: 抗原と抗体