Home > 免疫とは > 獲得免疫

獲得免疫

自然免疫から獲得免疫へ

ヒトの体内に細菌などの異物やウイルスが侵入すると、マクロファージという大食いの細胞が活躍して、食べて破壊します。
この最初に機能する病原菌やウイルスに対する抵抗力は自然免疫と呼ばれます。
マクロファージは食べて破壊したウイルスなどの断片をもってリンパ節に移動します。
マクロファージは自分が食べて分解したウイルスなどの特徴をもった断片を自分の表面に表示してます。
抗原提示といわれるもので、免疫システムの非常に重要な機能です。
マクロファージによる抗原提示は、リンパ節にいるT細胞によって認識され、T細胞はB細胞を刺激して、提示された抗原に対する抗体の産生を促します。
B細胞によって大量に産生された抗体は抗原と結びつき、これを撃退します。
産生された抗体はウイルスなどが体内に侵入してきたことによって、特定の抗原をターゲットとして作られるもので、獲得免疫と呼ばれます。

獲得免疫の働きの特徴

病気が快復したのちも、一部の抗体はリンパ節にとどまります。
同じ病原菌が再度体内に侵入すると、素早く感知し、抗体のコピーを大量に産生させます。
病原菌の二度目の侵入のときには、抗体の産生のスピードが最初の時よりも素早く、大量に産生されるため、病気になる前に、すぐにウイルスの撃退ができます。
病原菌の二度目の侵入に対して、監視し、撃退の準備がされているため、二度目、三度目の侵入の際には、病気にならないのです。
一度目のウイルスの侵入によって、抗体が作られ、二度目以降のウイルスの侵入に備えられる免疫システムを、通常、私たちは「免疫」と呼んでいます。それが獲得免疫です。

カテゴリ: 免疫とは