Home > 免疫とは > 自然免疫

自然免疫

自然免疫:病原菌やウイルスに対する抵抗力

人間は病原菌やウイルスなど外部から体内に入ってくる異物に対して抵抗する力をもっています。
特定の病気に対する抵抗力ではなく、外部から侵入してくる異物一般に対する防衛力で、自然免疫と呼びます。

これに対して、病原菌などに感染したとくき、その病原菌に対する抗体ができて、二度目の感染のときに抵抗力となる免疫を獲得免疫と言います。はしかに一度かかると、生涯はしかにかかる心配がないのは、獲得免疫の働きの結果です。<.p>


自然免疫とは、マクロファージを中心とする防御システム

マクロファージは大食いの細胞で、まさに貪欲に食べます。
体内に侵入してきた異物、細菌、ウイルス、自分(ヒト)の細胞の死んだものなどを食べて、酵素で分解してしまいます。
そしてマクロファージは、このときいろいろなサイトカインを分泌します。
このサイトカインは、細胞間の情報伝達物質で、好中球などの白血球を呼び寄せたり、刺激したりします。
病気のときに組織が炎症を起こすのはこのためです。
また、脳の視床下部に働いて発熱を起こさせます。
病気の炎症や高熱は、病原菌やウイルスが引き起こしているのではなく、免疫システムが機能し、作動しているためです。


もともと備わっている免疫機能

サイトカインによって刺激されたマクロファージや好中球が活性化し、ウイルスや細菌を撃退することによって、病気は快方に向かい、治癒します。
これは、ヒトがもともと持っている病原菌に対する抵抗力で、初めての病気でも機能する免疫システムです。
自然免疫と呼ばれるのは、このためです。
もし、自然免疫がなければ、ウイルスや細菌に感染しても治ることがなく、結果的に死亡することになってしまいます。


カテゴリ: 免疫とは