Home > 遺伝子治療 > 遺伝子治療の可能性と危険性

遺伝子治療の可能性と危険性

成功と失敗

ジェンナーやパスツールの時代は、人体実験は日常的なことで、実験による失敗も数多くありました。もちろん死亡事故も少なくありませんでした。
しかし、現在、医療事故は、厳しく監視され、原因の究明とともに、責任が追及されます、もちろんいのちの危険を伴う治療法は許可されません。
X-連鎖重症複合免疫不全症に対する造血幹細胞遺伝子治療は約90%で顕著な効果があったとされています。
しかし、1999年、2000年にフランスの病院で遺伝子の染色体挿入が原因で3人の患者が白血病を発症しました。
そのため、フランスではこの遺伝子治療を一時中止しています。
1999年にアデノウイルスベクター投与による異常免疫反応による副作用で患者が死亡する事故が起きています。

新たな方法の模索

遺伝子工学や分子生物学という分野は花形で、多くの研究者がこの分野に集中しています。
そのため、もはや、遺伝子治療という方法が完全に捨て去られるということは考えられません。
より安全な方法が研究されています。
私たちの歴史は、行き詰まりを何度も経験しながら、のり超えてきたものです。
何が問題かまったくわからない闇の中での研究ではなく、問題点はある意味で分かっているのですから、解決は近いかもしれません。
しかし、まだ多くの解決すべき問題があることも事実です。

カテゴリ: 遺伝子治療