Home > アレルギー > アレルギー性の喘息

アレルギー性の喘息

アレルギー性喘息が起きる仕組み

アレルゲンが鼻やのどを通って、高濃度で、肺にまで達すると、IgE抗体をもつマスト細胞が肺粘膜、気管支細管の毛細管に集まります。
この場合は、症状が鼻水やくしゃみでは収まらず、喘息になります。
喘息の「喘」はあえぐという意味です。喘息の英語名の「asthma」も語源はギリシャ語のほぼ同じ意味の「あえぐ」からきています。


アレルギー性喘息の原因

ダニの糞などのアレルゲンを吸い込むことが原因となる多いですが、
呼吸器系の現象だからといって、肺に吸い込んだアレルゲンだけが原因となるわけではありません。
食物アレルギーでも、喘息がおきます。
食べた食物が消化・分解され、腸で吸収されますが、
吸収された食物が抗原として、血管を通して肺に達すると、アレルギー反応を起こし、喘息となります。
その理由は、アレルギーを起こすIgE抗体をもつマスト細胞が肺や鼻などの粘膜部分に多いため、アレルギー反応で症状が出るところがある程度限定され、どこで起こるか予測できます。


喘息の原因は複雑

喘息は外部から呼吸器を通して入ってくる抗原、食物が原因となって口から入ってくる抗原が原因となる外因性喘息以外にも、ストレスなどが原因となる内因性の喘息もあります。
j実際にはいろいろな要因が複雑に絡み合っていることが多く、免疫系、脳、中枢神経系の微妙なバランスの中で起こります。
そのため、アレルギーが関係していることが明白でも、アレルギーだけが原因と簡単に判断できない難しさがあります。

カテゴリ: アレルギー