Home > アレルギー > アレルギーとアナフィラキシー

アレルギーとアナフィラキシー

軽いアレルギーと重篤なアレルギー

花粉症などのアレルギー症状は、普通、鼻腔の塞がりや鼻水、目のかゆみ、くしゃみ、微熱などの症状になりますが、いのちにかかわるほど重症になることはありません。
しかし、イソギンチャクの毒で死んだイヌや卵白で死んだモルモットのように、重篤な症状アナフィラキシーを示すアレルギーもあります。
アナフィラキシー症状を起こすアレルゲンとして有名なものには、ペニシリン、すずめバチの毒などがあります。
アナフィラキシーの場合には、IgEやマスト細胞が深くかかわっています。
そして、アナフィラキシーの大きな特徴の一つは、激しい免疫反応が急激に現れることです。
もっとも危険は症状は血圧の急激な低下、意識喪失、呼吸困難です。数分以内に適切な処置を施さなければ、死ぬ危険があります。
嘔吐や下痢、皮膚のかゆみ、いたみは我慢できますが、呼吸困難や血圧低下はいのちにかかわり、緊急の処置が必要です。


アナフィラキシーとなる場合

軽いアレルギーも重いアレルギーも、アレルゲンにさらされることがきっかけで起きた抗原抗体反応です。
抗体抗原反応は、1回目の抗原との接触では、外見上、何の変化も起きません。
しかし、このとき抗原に特異的に結合する抗体が産生されています。
これを感作といいます。
感作は2度目のアレルゲンとの接触のときに、抗体を大量に産生するための準備となります。
とくに危険なのは2回目以降のアレルゲンとの接触で、アレルゲンが血液中に入り込んでしまった場合です。
アナフィラキシーになるのは、血中にアレルゲンが侵入してしまった場合です。
アナフィラキシーショックで毎年多数の死者が出ていますが、死因のほとんどは窒息か血管の壊死とそれによるショック死です。

カテゴリ: アレルギー