Home > アレルギー > アレルギーもちだったローマ帝国皇帝アウグストウス

アレルギーもちだったローマ帝国皇帝アウグストウス

策略家として知られるアウグストウス

ローマ帝国の初代皇帝のアウグストウスは、強大な戦力により、パックスロマーナといわれたローマの平和の礎を築いた人物です。
本当の平和とはそのようなものか、という議論は別として、強大な戦力で、世界を平定し、安定な時代を作り上げたのは事実です。
さて、彼は、ぜん息とアトピー性皮膚炎を患っていたといわれています。
そのためか、戦争ではあまり芳しい活躍をすることはできませんでした。
しかし、その分、かれは戦略にたけ、策略家でもあったため、ローマ帝国の政治形態、統治形態の確立には大きな働きをしました。
肉体的な弱さが、彼の長所を生み出す原因のように思われています。

強大な権力者もアトピーやぜん息に悩まされていた

権力をほしいままにし、敗戦国に重税をかけ、人々を奴隷として扱った恐るべきローマ皇帝も、自分の身体の中で起こるぜん息などの病には、なすすべがなかったようです。
遺伝的な原因だったようですが、彼の子孫はすぐに途絶えてしまったため、残念ながら、原因を確認することはできません。
ダニなどの明確な原因がわからないアレルギーもありますが、身体そのものの十分なケアで驚くほど回復することも珍しくありません。
原因がわからないときは代替療法を取り入れる価値があります。

カテゴリ: アレルギー