Home > アレルギー > アレルギーとアレルギーでないもの

アレルギーとアレルギーでないもの

アレルギーとアレルギーではないものは何が違うのでしょうか

花粉症で、「くしゃみ」、「鼻水」が出るのは、花粉症アレルギーです。
けれども、寒いところにいて、鼻水が出、くしゃみがでても、これはアレルギーではありません。
胡椒・こしょうを吸いこんで、くしゃみが出るのはアレルギーでしょうか?
いいえ、これはアレルギーではありません。
なかなか区別が難しいものです。
「花粉症のくしゃみ」と「胡椒のくしゃみ」は何が違うのでしょうか?

アレルギーは免疫反応が関係している過敏症です

国連の保健衛生専門部会の世界保健機関WHOと連携する世界アレルギー機構が定めるところによると、

アレルギーとは:
「過敏症の中で、免疫反応が関与しているもの」とされています。
2つのキーワードがあります。
第一は、過敏症の一種である
第二は、免疫反応が関与している

過敏症とは:

「普通の人(健常者)なら、耐えられる量の刺激を受けることによって、客観的で、再現可能な症状または徴候を引き起こす疾患」とされています。

つまり、健康な普通の人なら特になんでもないような刺激を受けただけで、はっきりとわかる症状が現れるのが過敏症といえます。

過敏症は下の図のように2つに区分されます。

arerugi.png

「再現性」というのも重要で、同じ刺激を受けると、同じ反応は起きることを言います。
つまり、「この間は、花粉を吸ったら、くしゃみと鼻水が止まりませんでしたが、その後は、同じ花粉を吸ってもくしゃみも出なければ、鼻水も出ません。」というのでは再現性がないということになります。

「それって、花粉症じゃなくて、風邪だったんじゃないの」という会話をときどき聞きます。まさに再現性という重要なポイントをついている言葉です。

免疫反応とは:

体内に異物が侵入したとき、異物として識別した体はその異物を排除するための 「 抗体 」 を作ります。抗体ができると、つぎに同じ異物が体内に侵入してきたとき、すぐに応答して排除することができるようになります。
この異物を抗原といいます。
体内に再び同じ抗原が侵入してくると、抗体は抗原と結びつき、抗原を早く体外に出そうとします。
花粉症のアレルギーかどうかを確かめる方法は、飛んできている花粉を抗原とする抗体ができているかどうかで決まります。
抗体が、花粉という抗原に反応して炎症を起こしているなら、それはアレルギーで、別の刺激が原因であれば、花粉症のアレルギーではないということになります。

カテゴリ: アレルギー