Home > 免疫の働き > 自己免疫疾患はなぜか女性に多い

自己免疫疾患はなぜか女性に多い

自己免疫疾患と男女比

全身性エリテマトーデス/シーグレン症候群/慢性関節リウマチ/重症筋無力症のような自己免疫疾患はなぜか女性の発症率が男性に比べて高い。
全身性エリテマドーデスでは、男よりも女のほうが10倍近い。
10代から中年期になることが多い。出産する年代に相当する。
全身性エリテマドーデス以外の自己免疫疾患でも、女性の発症率は男性に対し、2倍から数倍多い。


女性ホルモンとの関係

遺伝的に全身性エリテマドーデスを発症しやすいマウスの実験で、雄のマウスを去勢したり、女性ホルモンを注射すると雌と同程度の発症率になる。
逆に雌のマウスに男性ホルモンを注射することによって発症が抑えられたり、症状が軽くなることが確認されている。

カテゴリ: 免疫の働き