Home > 免疫の働き > 抗体の多様性・抗体は5種類に分類される

抗体の多様性・抗体は5種類に分類される

抗体には無限のバラエティがある

抗体がどんな外敵(抗原)にも対応して作り出されることは、たいへん不思議なことです。
そのため、多くの研究者がその謎を解き明かそうと努力しました。
イェルネの提唱したネットワーク説や鋳型説など議論を戦わしたのは、ほとんど無限という多様性が私たちの常識を超えたものだからでした。

抗体は5種類に分類される

無限のバラエティがあるにもかかわらず、抗体は5種類に分類されることが知られています。
抗体はグロブリンというたんぱく質の一種で、一般に免疫グロブリンと呼ばれ、アルファベットの頭文字をとって、Igと表示されます。
5種類というのはIgM、IgG、IgA、IgD、IgEに分類されるのです。
血液中にあるIgはIgGが80%を占めています。
IgAとIgMはそれぞれ10%程度で、IgG、IgA、IgMの3種類でほぼ100%になってしまいます。IgDとIgEは1%未満と微量で、そのため発見にも時間がかかりました。

抗体の働きの違い

抗体全体の80%を占めるIgG抗体は、全身にくまなく存在し、感染予防に大きな関与をしています。
IgA抗体は消化管、肺、泌尿器などの粘膜部分に多く存在し、いわば外部からの侵入窓口の監視の役目を果たしています。
IgMは感染初期の防御機能と深くかかわっています。
IgDは抗体の産生を誘導する働きが切られています。
IgEはアレルギーを起こす鬼っ子抗体として知られており、花粉症やアレルギー性喘息を起こすのがIgE抗体です。寄生虫に対する免疫反応にも関係しているといわれていますが、アレルギーの面のみが強調されているのが現状です。
まだ十分に働きが解明されていない可能性があります。
日本人の石坂博士夫妻が発見したもので、IgEの発見により、アレルギーの原因が突き止められました。

カテゴリ: 免疫の働き