Home > 免疫の働き > B型肝炎ウイルスと免疫

B型肝炎ウイルスと免疫

B型肝炎の症状

B型肝炎で肝臓が受けるダメージは極めて重篤です。
肝硬変や肝がんに発展することも珍しくありません。
だから、B型肝炎は恐ろしい病気だという認識を多くの人が持っています。

B型肝炎ウイルス自体はほとんど害がない

しかし、B型肝炎の裏の面をみると驚くべき事実が浮かび上がってきます。
B型肝炎ウイルス自体は、肝臓に何の障害も与えない無害なウイルスなのです。
実験室で肝細胞にB型肝炎ウイルスを感染させても、肝細胞にはある意味、何も起こりません。
B型肝炎に感染した肝細胞は、健康で、元気なままなのです。
ウイルスは肝細胞を破壊したり、痛めつけたりしません。
B型肝炎のウイルスによって肝細胞はある意味で何の害も受けないように見えるのです。


ウイルスに対する免疫系(T細胞)の働き

B型肝炎ウイルスは、他のウイルスと同じように正常な細胞に侵入し、大量のウイルスを複製するのは事実です。
B型肝炎ウイルスは自分自身のDNA断片を感染した細胞の中に挿入します。
するとマクロファージは、B型肝炎ウイルスに感染した細胞を異物として認識し、これを捕食します。
食べた後で、ウイルス断片を細胞の表面に提示します。抗原提示です。
この抗原提示によってT細胞は細胞内に隠れているB型肝炎ウイルスを見つけだすことができるのです。
T細胞はマクロファージの表面に提示されている断片が自分自身のものであれば、そのままとおりすぎますが、自分以外のもの、外来の異物であれば、攻撃してこれを破壊してしまいます。
これは病原菌から身を守る免疫系の重要な働きです。
ウイルスは破壊され、もはや自分自身の複製を作ることができなくなります。
最終的にウイルスは駆逐され、通常の場合、感染はこれで終了することになります。
急性のB型肝炎の場合も、たとえ、一時的に危険な状態になり、重篤化しても、T細胞の攻撃が成功し、異物のウイルス細胞を完全に排除することができれば、症状は回復します。


それでは、なぜB型肝炎は重篤な肝炎を引き起こすのでしょうか

T細胞が攻撃しても、ウイルス細胞を完全に除去できなずに慢性化すると、大きな問題になります。
B型肝炎ウイルスが、マクロファージが破壊されるときに、すでに大量の複製を作り、マクロファージの破壊によってB型肝炎ウイルスが周囲にまき散らされることになります。
周囲の細胞に感染が広がってしまうのです。
T細胞は、ウイルスがまき散らされて新たに感染した周囲の細胞も同じように破壊します。
異物が存在する限り、攻撃の手を緩めることはありません。
T細胞はそこに存在するものが異物であれば攻撃し破壊します。
論理的には非常に単純な仕組みです。
異物がどの程度有害か、あるいは無害な異物かという判断は一切ありません。
攻撃の判断基準は自分自身に由来するものか、外来の異物かという点だけです。
非自己であれば、なんであれ、徹底的に破壊するのです。
B型肝炎ウイルスは複製を産生し続け、感染した肝細胞は異物を提示し続けます。
すると、結果的にT細胞は肝細胞に提示される異物を検知し、B型肝炎に感染した肝細胞を攻撃し続けることになります。
肝臓は人間の組織の中でも特別に大きな再生力を持ち、回復力がありますが、B型肝炎ウイルスがゆっくりと感染を広げていくにつれ、T細胞の攻撃にも激しさを増していきます。
肝細胞の再生・回復力とT細胞の攻撃と破壊が延々と続くことになります。
攻撃が激しくなると、肝臓の再生の負担が大きくなり、食物の代謝への余力がなくなって、胆汁の産生などが肝臓本来の機能が不十分になります。
そして肝臓に外からの攻撃と内からの負担が、徐々に肝臓の機能の限界を超えてしまうことになります。
T細胞の攻撃にさらされ続ける肝臓はダメージを受け、最終的には肝硬変や肝がんになっていますのです。


B型肝炎:免疫系の暴走

B型肝炎ウイルスはB型肝炎の症状の最初の原因であり、引き金となっていることは事実です。
しかし、ウイルスが肝臓に直接障害を与えることはないのです。
肝臓がダメージを受けるのはB型肝炎ウイルスの仕業ではなく、B型肝炎ウイルスを除去しようとするT細胞の絶え間ない攻撃なのです。
放っておいても、たいした害がないウイルスをT細胞はひたすら攻撃し、感染した肝臓細胞さえも攻撃してしまうために肝炎が発生してしまうのです。
外来の異物を見つけて攻撃し、外来の病原菌から身を守るはずの免疫系が実は一歩間違えると、自分自身をターゲットに攻撃して、自分自身をも破壊してしまう危険を秘めた機能であることが、B型肝炎から浮かび上がってくるのです。

カテゴリ: 免疫の働き