Home > 免疫の働き > AIDSはひとつの病気に対する病名ではない

AIDSはひとつの病気に対する病名ではない

AIDSは特定の病気ではない

AIDSは、ウイルス感染が引き金となり、免疫系が機能を失う病気です。
その結果、免疫系の崩壊により、さまざまな日和見病原菌に感染することである。
AIDSは「いろいろな病気になる」病気ということができます。
AIDSが「ヒト免疫不全症候群」と呼ばれるゆえんです。
そのため、AIDSの症状は複雑で無秩序というのが特徴です。


AIDSによって発症する病気の特徴は?

それでも、AIDSになったために発症する病気にはいくつかの特徴があり、次の3つのグループに分けることができます。
1.日和見感染
2.AIDS関連がん
3.神経症状

カテゴリ: 免疫の働き