Home > 抗体の発見

「抗体の発見」の一覧

抗毒素(抗体)の発見の衝撃

医学界への衝撃:血液の中に毒を中和する物質ができる

ドイツのコッホのもとで研究をしていた北里とべーリングは、破傷風菌を少量、うさぎに注射する実験を行った。発病したり、致死量とならないように、破傷風菌は、少量ずつ、何回かに分けて注射しました。
その後、このウサギに通常であれば致死量に相当する量の破傷風菌を注射してみると、驚くべきことに、ウサギは死なないばかりか、発病することもなく、まさに元気なままで、ウサギには何事も起こりません。
そのときは、北里にも、ベーリングにもわからなかったのですが、ウサギの体内に、菌をすこしずつ注射したことで、破傷風菌に対する抗体ができていたからでした。

抗体発見:北里柴三郎

ジフテリア・破傷風は人の体内で毒素を放出します。この毒素が病気を起こしているわけです。そこで、彼はこの毒素をすこしづつ、段階的に量を増やしながら、馬に注射してみたのです。
すると、馬の体内で、毒素を中和する不思議な働きをする物質が作られ始めたのです。この毒素を中和する物質を北里は抗毒素と呼ぶことにしました。
この抗毒素こそ、今日の免疫学を誕生させたといってもよい重大な発見「抗体」の発見でした。