Home > がん > 恒常性維持とがん細胞

恒常性維持とがん細胞

細胞の誕生と死

私たちの身体はおよそ60兆個の細胞から成り立っています。
しかし、その60兆個の細胞は人の一生の間、同じ細胞がずっと存在しているのではありません。
新しく細胞が作られ、古い細胞は順次死んで代謝され、置き換えられていくのです。
毎日100億の細胞が新しく作り出されるというから驚きです。
もちろん、新しく作られた細胞がすべて古い細胞と入れ替わるわけではありません。
新しく作られた細胞の多くが最初から不適格として排除されてしまいます。
わずかな細胞が新しく身体の一部を構成することになるのです。
細胞が新しく作られ、古い細胞が取り除かれていくということは、生体が安定して存在していくうえで非常に重要なことです。
このようにして保たれている安定を恒常性といいます。


細胞にはあらかじめ死がプログラムされている

細胞には用が終えると取り除かれるように、あらかじめ死がプログラムされています。
細胞の自然死はアポトーシスなどと呼ばれます。
細胞の生成から死亡までを細胞周期といい、生体によってコントロールされているため、身体は一定に保たれているのです。
もちろん、老化による変化、痩せたり、太ったりという変化はありますが、細胞の生と死がコントロールされていることによって、生体としての連続性が保たれているのます。


無制限に増殖する細胞・死なない細胞

それに対して、がん化した細胞は恒常性維持のコントロールから逸脱し、勝手に、無秩序、無制限に増殖してしまいます。
本来ならば、あるべきところに正しく適切な細胞が配置されているはずなのに、無秩序な細胞が発生し、増殖して、正常な細胞を圧迫し、場所を奪ってしまうのです。
がん化した細胞は、悪いことに不死化しやすく、成長するにつれ、正常な細胞の中に浸潤して、正常細胞、正常な臓器に障害を与えてしまうのです。


がん化の仕組みのなぞ

がん細胞は発生する仕組みは徐々に解明されつつあります。
細胞性がん遺伝子が活性をもつこと、がん抑制遺伝子が機能を失ったり、弱めたりすることなどが理由と考えられています。
がん化に関係する化学物質の発見など、ある面でがんはかなり解明されてきました。
しかし、その際、どのような機構でがん化が起こるのかという肝心な点はまだ解明に至っていません。

カテゴリ: がん