Home > <6>免疫の暴走

「免疫の暴走」の一覧

解毒のためのコーヒー浣腸

ゲルソン療法のもう一つの柱

ゲルソン療法では、大量のニンジンジュースを飲みます。
多くの健康法にニンジンジュースは取り入れられています。
自然からビタミン、ミネラルを大量にとるには、生ジュースという方法が必要です。
無農薬の有機栽培人参生ジュースなどで、たっぷりのミネラルをとり、肝臓の負担が減って、代謝能力が回復すると、免疫系ががんを攻撃して、破壊することができるといいます。
がんが破壊されて、代謝されるとき、その毒を再吸収されないように排出するのが、コーヒー浣腸です。
多くの人が不自然さを感じる部分ですが、コーヒー浣腸はゲルソン療法のもう一本の柱です。

詳細を見る

全身性エリテマトーデス

自己免疫疾患はなぜか女性に多い

全身性エリテマトーデス/シーグレン症候群/慢性関節リウマチ/重症筋無力症のような自己免疫疾患はなぜか女性の発症率が男性に比べて高い。
全身性エリテマドーデスでは、男よりも女のほうが10倍近い。

詳細を見る

重症筋無力症

筋肉が動かなくなる病気

重症筋無力症は筋肉が極度に衰弱してしまう難病です。
症状は、最初まぶたや首、顔の筋肉が垂れ下がるようになることです。
上から始まり、徐々に全身に及びます。
眼球を動かす動眼神経が麻痺して、左右の眼の動きに違いが生じ、右目と左目で見ているものが違うようになってしまします。

詳細を見る

後天性の免疫不全症

先天性(原発性)の免疫不全症

先天性の免疫不全症は、何らかの遺伝子の異常によって発生します。
そして生まれつきの免疫の重大な欠陥による症例は、生命にとって免疫の働きがどれほど重要なものであるかを私たちに教えてくれました。
私たちは様々な病原菌にさらされて生きており、体内に侵入してきた病原菌を撃退し、排除する免疫系が正常に機能しなければ、たちどころに生命の危機に瀕することになります。

詳細を見る

自己免疫疾患はなぜか女性に多い

自己免疫疾患と男女比

全身性エリテマトーデス/シーグレン症候群/慢性関節リウマチ/重症筋無力症のような自己免疫疾患はなぜか女性の発症率が男性に比べて高い。
全身性エリテマドーデスでは、男よりも女のほうが10倍近い。

詳細を見る

自分に対する免疫反応

免疫が自分自身を攻撃する

他のサルの脳細胞を免疫されたサルが、自分自身の神経細胞に対して免疫反応らしい反応をおこし、脳炎に似た症状を示すことが報告された。(1930年代)
なにかわからないことが起こっていて、そのため、自分自身の甲状腺を攻撃する免疫反応が起こっているらしいと考えられる。

詳細を見る

免疫の持つ危うさ

免疫はどうして病原菌を識別できるのか

免疫系が機能するとき、私たちは病原菌から守られて健康でいることができます。
免疫は病原菌をどのようにして病原菌と知ることができるのでしょうか。
実は免疫は、身体に侵入してきたものが病原菌だと知っているわけではありません。
免疫には侵入してきたものが病原菌か、そうでないか識別するような能力はありません。

詳細を見る

B型肝炎ウイルスと免疫

h3>B型肝炎の症状

B型肝炎で肝臓が受けるダメージは極めて重篤である。
肝硬変や肝がんに発展することも珍しくない。
だから、B型肝炎は恐ろしい病気だという認識がある。

詳細を見る