Home > <5>自己と非自己

「自己と非自己」の一覧

食事の3つのポイント

1.がんの栄養源を断つ食事

最初に注目する食事のポイントは、「塩分をまったくとらない。」ことだろう。
二番目に注目する点は、「脂肪をとらない。」ことです。
この二つを十分理解したうえで、植物食を摂ります。

2.がんの環境を破壊する食事

3.免疫系の活性化のための食事

詳細を見る

他人の癌・がんを自分に注射した人:がんの抗体はできない・移ることもない

1808年10月17日、パリのセントルイス病院で、J.L.アリベールという医師は、乳がんの患者から採取した腫瘍をどろどろにつぶして、これを自分に注射してみました。
研究者は驚くべきことをします。これががんの抗体を作ろうとした歴史的に記録されている最初の出来事です。
自分だけでなく、3人の弟子にも同じように注射しました。
果たして、結果はどうだったのでしょうか。

詳細を見る

疑似抗原

侵入者が私たちと同じ部品をとっていたとき

免疫が外来からの侵入者を異物として認識するのは、私たち自身とは異なるたんぱく質の断片を見つけるからにほかなりません。
しかし、微妙でやっかいな問題がことがあります。

詳細を見る

自己の確認と自己が自己でくなるとき

自己の確認

生まれたばかりの赤ちゃんの血液には抗体が存在するが、驚くべきことにその多くは自己を抗原とする抗体であるということです。
自己を抗原とするということは、生まれたばかりの赤ちゃんの場合、B細胞もT細胞も自分自身を攻撃しているらしい。

詳細を見る

自己?非自己? : 自己寛容

自己はどのように認識されるのか

ポール・エーリッヒは一匹のヒツジから赤血球をを取出し、もう一匹の別のヒツジに注射していろいろな変化を調べていた。
何週間か経つと注射されたヒツジの体内には必ず提供者のヒツジの赤血球を凝縮させ、溶血させる抗体ができていた。
これは、別のヒツジを使ってやっても同じだった。
そこで、提供者の赤血球をもとの提供者自身のヒツジに注射して戻してみた。
何も起こらない。
偉大な思想家エーリッヒの「偉大さ」はここにあるのか? 彼には、この現象が不思議に思われた。

詳細を見る