Home > <6>実はみんな悩んでいた尿ケア

「実はみんな悩んでいた尿ケア」の一覧

糖尿病と夜間の頻尿

糖尿病は頻尿になりやすい

糖尿病は網膜の異常や腎臓の異常を併発しやすい病気です。
自律神経にも影響があります。
そのため、膀胱の神経に異常をきたし、感覚が鈍くなったり、排尿障害になることがあります。
糖尿病になると、のどが乾きやすく、自然に水分をとる量が多くなります。尿の量が異常に多い場合は、糖尿に注意しましょう。

詳細を見る

慢性膀胱炎:排尿痛と尿の濁り、血尿

過去に何度か急性膀胱炎になった経験がある。今までは、抗生物質を飲むと1週間程度で治っていました。そのときと同じ症状が出て、抗生物質を飲んでも、一向に良くなりません。また、検査の結果、尿に細菌は見つかっていません。
残尿感があり、排尿のとき、痛みがあります。尿がにごり、ときどき血尿も出ます。
このような症状のときは、慢性膀胱炎が疑われます。

詳細を見る

急性膀胱炎:頻尿と排尿時の痛み、時に尿に血が混じる

女性に多い急性膀胱炎

大腸菌などの細菌による炎症で、突然、トイレが近くなり、排尿の痛みを感じたり、排尿直後に痛みを感じることもあります。
残尿感、尿のにごり、尿失禁や血尿がでることもあります。
「急性」という文字通り、ある時、突然、症状が出ることが多いようです。

詳細を見る

溢流性尿失禁:尿意はないのに、ちょろちょろ漏れる

膀胱はいっぱいなのに尿意がない

男女とも高齢者に見られる尿失禁のタイプです。
男性では、前立腺肥大の人に多く、女性では直腸がんや子宮がんを手術した人に多くみられる症状です。

詳細を見る

前立腺肥大:切れが悪く、残尿感がある

頻尿・出が悪い・そして残尿感がある

中年過ぎの男性の場合、前立腺肥大の可能性があります。
前立腺は、膀胱のすぐ下にあり、ちょうどクルミほどの大きさで、内部を尿道が通っています。
そのため、前立腺が肥大すると、尿道が圧迫されて、尿の出が悪くなったり、残尿感があるようになります。

詳細を見る

心因性頻尿:外出するとトイレが近くなる・緊張するとトイレが近くなる

心因性の場合

本来、尿意は、膀胱にある程度尿がたまった時に感じるものです。
心因性の場合は、それほど尿がたまっていないのに、尿がたまっていると感じてしまい、トイレに行きたくなります。
多くは、職場や家庭の人間関係などがストレスとして原因していることがあります。

詳細を見る

切迫性尿失禁:尿意を感じると、もうトイレが間に合わない

トイレが間に合わない

トイレに行きたいと感じたときは、トイレまで行くまで間に合わず、途中で漏れてしまったり、せっかくトイレまで行ったのに下着を下ろすのが間に合わないこともあります。
漏れる量も多い場合もあり、またいつ漏れるかわからないので、非常に不安を感じ、日常生活に影響することもあります。

詳細を見る

腹圧性尿失禁:せきやくしゃみで漏れる

強いせきやくしゃみをすると、尿が漏れるタイプ

大笑いをしたり、重いものを持ち上げたり、子供を抱き上げたりした拍子に、ちょっと漏れてしまう。
女性に多いタイプです。出産経験のある人、ちょっと肥満気味の人、また高齢の人にもよく見られます。

詳細を見る