Home > <1>花粉症の歴史 > 花粉症の発見

花粉症の発見

花粉症は、1800年代にイギリスで発見された

イギリスで多くの人に鼻水、発熱などの症状がでた。
1819年、J・ボスドクはこの症状が農村地帯で多く、枯れ草の堆肥の発酵時期と重なることなどから、理由はわからないが、枯れ草がこの症状の原因と考え、枯れ草熱(hay fever)と命名しました。
しかし、1878年にC・H・ブラックレイは症状をもつ人々の分布と空中に飛散している花粉の数に相関があることを発見し、調査を重ねた結果、枯れ草が原因ではなく、「花粉」が原因であると結論づけました。
これが、花粉症の始まりです。
このときの花粉はイネ科の植物だったそうです

アメリカ・日本ではいつから?

アメリカでは、1872年にセイダカアワダチ草・いわゆるブタクサによる花粉症が最初とされています。
日本でもアメリカからブタクサが入ってきて、全国に広がり、一時ブタクサの花粉症で鼻を赤くする人が多くなりました。その後、ブタクサが減ったのか、あまり話題にならなくなりました。
日本での花粉症の報告は、本格的には1961年のブタクサ花粉症が始まりとされています。
それ以前にも花粉症の報告はありますが、まだ不完全なものだったのか、正式には取り上げられていないようです。
1963年に日光のスギの花粉症の患者の報告から、本格的なスギ花粉症がスタートします。
いまや、花粉症といえば、スギ花粉というほどの国民的な病気になりました。

カテゴリ:花粉症の歴史