Home > <5>ダニとアレルギー

「ダニとアレルギー」の一覧

害虫もいろいろ:その害もいろいろ

害虫にもいろいろ

そもそも、害虫というのは、人間の都合によって分類したもので、実に勝手な切り分けです。
生態系全体で考えれば、害虫がいて、益虫もいて、全体でバランスが取れているのです。害虫だから絶滅させてようということにはなりません。

詳細を見る

小児ぜん息とアレルギー

アレルギー性ぜん息と非アレルギー性ぜん息

小児ぜん息では95%以上がアレルギー性のぜん息です。それに対して成人では60%程度がアレルギー性です。
原因はアレルギーによるものとアレルギー性ではないものに区別されますが、それでは、実際のぜん息の患者が、自分の場合は荒れるー性、あるいは非アレルギー性と明確に区別できるかというと、これもまたややこしくて、はっきzennsoku りと分けることができないケースが多いのです。

詳細を見る

吸血マシーン:マダニ

p>マダニは何を食べるのですか?
マダニの餌は血です。他にはいりません。血があれば、それで十分です。満足です。血を吸って成長し、血を吸って産卵もできます。血がなければ、最後は干からびて死ぬだけです。

詳細を見る

小児ぜん息:体質が原因?いいえダニが原因です。

アレルギー情報センターによると、小学校で、3.3~13.1%、中学校で、5.3~11.9%もの子どたちに喘息の症状があるということです。ただ調査方法が十分でないため、より精度の高い調査が進められている状況です。その調査の結果、この数値はもっと大きくなる可能性があります。

詳細を見る

ダニアレルギーの解決の知恵

世界で発見され、知られているダニの種類はおよそ4万種です。しかし、未発見の種類がかなりの数あると言われており、総数は数十万種類存在するだろうといわれるほどダニの種類は豊富です。
ダニの種類は非常におおいとしても、その中で家の中で見つかるダニの種類はほんのわずかです。
家の中で発見されるダニの90%がチリダニです。チリダニとして知られているのは14属34種ですが、通常、発見されるダニはその中でもヤケヒョウヒダニとコナヒョウヒダニの2種類で、全体の70%程度です。これに続くのがシワダニです。

詳細を見る

ダニはいつ繁殖するのですか?

ダニは意外なことに冬にも繁殖していることが分かっています。
暖房が大きな理由です。
ダニにとっては幸いなことに、人間も寒いものですから暖房をきかせます。家の中にはちょうど良い温度のところがいろいろとあるものです。 冬は空気が乾燥し、暖房で更に乾燥が進みますから、ダニにとっては生命の維持だけでも大変な季節です。
しかし、布団は私たちが使うたびに湿気を補給してくれます。人の体温で温かく保たれます。
ですから、困ったことですが、いつでもダニが繁殖できる環境を私たちが作っているのです。

詳細を見る

寝具についてしまったダニはどのようにしたらよいのでしょうか?

寝具に多く見られるのは、アレルギーを起こすことで知られるヒョウヒダニです。
冬に私たちが眠っているとき、寒いものですから、ちじこまって、自然に布団の奥へ奥へともぐっていきます。 生きているダニが問題であれば、長時間乾燥させたり、何日も天日干ししたり、布団乾燥機でダニをある程度殺すことができます。
しかし、アレルギーの原因は、生きたダニが主な原因ではありません。また、ダニの死骸にもアレルギーの原因物質があります。
そして、大きな問題は、ダニアレルギーの原因物質は、99%が糞の中にあるのです。

詳細を見る

ダニの発生:原因と対策の困難さ

新築の家や新しい布団にはダニはほとんどいないそうです。「ほとんど」であって、完全にダニ0というのは、現実的にはありえないことです。
人が住み、人が使い始めると、まもなくダニの数も増してきます。
ダニには羽がありません。ダニは移動することがそれほど得意ではありません。しかしチリダニ類は埃の中にいますので、埃が動けば、ダニも埃とともに移動します。そして、ダニの繁殖に適した場所であれば、いつの間にか家の中、布団の中には大量のダニが住んでいるということになります。

詳細を見る

ダニのアレルギーの原因:ダニそのもの?ダニの糞?

アレルギーを起こして問題になるダニは、主にヒョウダニ属のコナヒョウヒダニとヤケヒョウヒダニの2種類です。
卵から孵化し、脱皮を繰り返して成虫になるまで1ヶ月近くかかります。
成虫になってからも、温度と湿度が整って、えさがあると、2、3ヶ月は生きています。

詳細を見る

アレルギーを起こすダニとアレルギーの特徴

チリダニ科ヒョウダニ類のアレルギー被害は完治まで、かなりの日数がかかり、特に幼児の場合は、アトピーや喘息にまで発展することがあり、大変厄介です。

詳細を見る