Home > ゲルソン食事療法 > 食事の3つのポイント

食事の3つのポイント

1.がんの栄養源を断つ食事

断塩

最初に注目する食事のポイントは、「塩分をまったくとらない。」ことだろう。
ゲルソンは塩の摂取とがんのまん延には相関関係があると考えていた。
そのため、塩、単独のNa、単独のClともに極限まで食事から取り除く。
塩がないとがんの成長には具合が悪いようだ。
ナトリウムNaを減らすにはカリウムKを増やすことが重要となる。
食品添加物に含まれる塩分やNaにも細心の注意を払って排除するようにします。
塩をとったら、食事療法は成り立たないと考えてよいと思われるほど重要な点です。

断油

二番目に注目する点は、「脂肪をとらない。」ことです。

亜麻仁油(魚油)のDHA、EPA以外の油は禁止です。
当然のこと、肉や乳製品は食べません。
食品の調理や加工に油をまったく使いません。


面白いことに、加工食品はいろいろな形で添加物が使われ、ほとんどすべてにNaが添加されていることに気がつくはずです。
ゲルソン療法では外食は不可能です。
現代人の食生活ががんを生み出しているとゲルソンは50年以上前に指摘しています。 そのほか、砂糖、加工食品の類を一切食べません。
この徹底した食事療法が治療食の基礎になります。

この二つを十分理解したうえで、植物食を摂ります。


2.がんの環境を破壊する食事

がんが発生し、成長するのは体内の環境ががんに適しているからです。
がんは代謝の乱れに乗じて、発生し、増殖するのです。
そこで、ゲルソンは新鮮な無農薬有機栽培の野菜ジュース、特にニンジンジュースを大量に飲むことで、体内の代謝を正常にます。

人参ジュースは、2つの目的を持っています。
一つは、新鮮な野菜に含まれる酸化酵素を絶え間なく体内に供給すること。
そのため、人参ジュースだけでなく、青野菜ジュースも飲みます。

もう一つの目的は、カリウム・Kの供給です。
ゲルソンはカリウムとナトリウムのバランスに注目します。
人参とリンゴに含まれるカリウムをジュースでとることを重視します。
そのほか、カリウムの多いジャガイモなどを食べるべき食品として特に薦めます。

しかし、カリウムはそれでも不足と考え、サプリメントからとるようにプログラムしています。

がんにとって住み心地のわるい環境を作り出し、がんに適したそれまでの体内環境を作り替えてしまおうと考えています。

塩抜き、油抜き、動物たんぱく抜き、砂糖抜きに代表されるゲルソン食は、肝臓の負担を軽減し、そこに大量のカリウムと新鮮な野菜ジュースを飲むため、体内の環境を改善して代謝を正常化します。

体内の酸化システムが正常に機能するとがんは、そのような環境で生きていくことができないのだとゲルソンは指摘します。


3.免疫系の活性化のための食事

免疫力の活性化、がんを攻撃する免疫の働きは、ヨードの摂取を勧めている。
ルゴール液の1/2濃度を3滴、一日6回。 それと甲状腺剤。これは動物の甲状腺を粉末にしたもの。130mgを一日6回。
甲状腺剤は、医師の監督下で飲用しないと危険があるため、簡単に入手できません。
ルゴールには無機のヨード、甲状腺剤には有機のヨードが含まれます。
ルゴールは薬局で簡単に手に入ります。 有機のヨードは、甲状腺罪ではなく、粉末の昆布や根昆布を食べるのがよいのではないかと思われます。
しかし、ゲルソンは禁止食品に昆布などの海藻類を入れています。
理由はわかりません。
筆者は、海藻は、乾燥して売られていますが、多くは表面に塩が付着しています。
そのため塩化ナトリウムが多いと考えていたのではないかと推測しています。
根昆布などは、水で洗浄して、使えば、Naは少ない食品です。
筆者自身は、リスク承知で、「食べる」リストに加え、積極的に食べています。
ゲルソンはいつでも単一の要素ではなく、複数のものを組み合わせて使いました。
がん細胞のなかにヨードが入っていくことで破壊が始まるということです。
ルゴール液に含まれるヨードは、無機のヨードで、I2、KIなどです。
甲状腺剤や昆布には有機のヨードが含まれています。
また、サプリメントとして摂取するカリウムは、酢酸カリウム、リン酸カリウム、グルコン酸 カリウムで、3種類の有機カリウム化合物を使います。


ゲルソン療法は全体で一つ

注意しなければいけないことは、ゲルソン療法の一部を取り上げてはいけないということです。
食事やサプリも含め、ゲルソンは相互の働きを綿密に計算して、食事の処方箋を作りました。
がんにはカリウムがいいとか、ヨードがいいとか、人参ジュースがいいとかいうことではありません。
単一のものを扱っても効果がないばかりか、おそらくは害になるでしょう。
娘のシャルロッテ・ゲルソンはまるごと全部をそのままやるか、まったくやらないかと選択を迫っています。
くれぐれも部分を見ないように。

カテゴリ: ゲルソン食事療法