Home > <060>管理プログラム:インストール

「管理プログラム:インストール」の一覧

管理プログラムのアンインストール

アンインストールはフォルダを削除するだけ

ワットアワーメーター管理プログラムのアンインストールは、
インストール時に生成した「Wm」というフォルダを削除するだけです。
フォルダをマウスで、右クリックして、表示されるメニューで「削除」を選択してください。

先頭へ



ポートの設定

ポートについて

ポートとは、Windowsが外部とデータをやり取りするときの、データの出入り口に相当します。
メールの送受信やWEBでページを表示するためにも、
こちらからのクリックがサーバーへ送信され、サーバーからのデータがホームページとして表示されます。
その際のやり取りは、すべてポートを介して実行されます。
実際のデータはLANケーブルやシリアルケーブルを通して送受信するのですが、
OSとしてWindowsが送受信するのは、ポートという仮想の出入り口で行います。
そのため、ポートの設定が間違っていると、データはまったく受信ません。
ワットアワーメーターのデータの受信はcomポートを介して実行されます。


ワットアワーメーターの接続ポートを確認する

ワットアワーメーターをUSBを介して接続すると、
複数のUSBの差込口のどれかを使うことになります。
差込口が異なれば、ポートの番号も異なります。
そこで、測定を開始する前に、必ず、ポートの確認、設定をすることが必要になります。
管理プログラムでデータ収集がうまくできないときは、ポートの設定を疑ってください。


ポート番号の確認手順

  • ケーブルを接続
  • ワットアワーメーターの計測ケーブル、あるいは、USB-シリアル変換ケーブルを計測に使用するパソコンに接続します。


  • デバイスマネージャを開きます
  • 「スタート」ボタンをクリックして、「マイコンピュータ」を右クリックします。

    startbutton.jpg


    「プロパティ」を選択します。

    property-mycomp.jpg


    「システムのプロパティ」ダイアログボックスが表示されますので、
    「ハードウエア」タブの「デバイスマネージャ」ボタンをクリックします。

    systemproperty.jpg


  • ポート番号を確認する
  • 「ポート(COMとLPT)をダブルクリックして内容を表示します。
    LPTはプリンタなどですから、COMの方を見ます。
    表示されているCOMの文字の次の数値がポートNoです。

先頭へ

ポート番号の例


下の画面は、COM6とCOM10の例です。
この番号を忘れないように控えてください。


ポート番号がCOM10の例

port-10.jpg


ポート番号がCOM6の例

port-6.jpg


この番号が違っていると、ワットアワーメーターからのデータをWindowsは受け取ることができません。


測定開始とポートの設定

ワットアワーメーター管理プログラムをインストールしたwinフォルダの中のwincom.exeを実行します。

Image6.jpg


ポートの設定を求められますので、先ほど確認しておいたポート番号の数値を入力します。
ポート番号に6を設定した例です。

Image9.jpg


「設定」をクリックすると、測定が開始になります。

先頭へ



インストール手順

インストール

  1. フォルダの中にあるWIN_TOOL.exeをPC上の適当なフォルダにコピーして、
    ダブルクリックして実行します。
  2. inst03.jpg

  3. 下図のようなダイアログが表示されますので、参照ボタンをクリックして、
    解凍するフォルダを指定して、OKします。
  4. Image2.jpg


  5. Winというフォルダができますので、ダブルクリックして開きます。
  6. inst04.jpg


  7. 解凍したフォルダの内容です。サブフォルダを操作することはありません。
  8. Image3.jpg


  9. MSDOSのショートカットをダブルクリックして実行すると
    2つのOCXファイルがインストールされます。それぞれ「OK]をクリックします。
  10. Image4.jpg


  11. 「OK」をクリックすると、次のOCXがインストールされ、インストールが完了します。
  12. Image5.jpg


インストールはこれで完了です。次は、「設定の変更」です。

先頭へ



インストール準備

用意するもの

  1. Windowsパソコン:MicrosoftAccessがインストールされていること
  2. ワットアワーメーター(コンセントタイプ:SHW3Aあるいは分電版タイプ:SHW3B)
  3. ワットアワーメーター管理プログラム(データ収集ソフト)
  4. 付属専用ケーブル(SHW3-PCC9)


CD-ROMからWindowsに合ったファイルを選択する

  1. CD-ROMをセットすると「WHM」が表示されます。
  2. Windowsのバージョンに合ったフォルダをダブルクリックして開きます。

WindowsXPのパソコンなら右側に表示されている2000_XP(1.21S)をダブルクリックします。
Windows95やWindows98をお使いなら、左側の95_98(1.21)を開きます。

inst02.jpg


設定の変更