機器名称の設定

測定データの管理

データを収集し始めると、管理が重要になります。
測定した直後は、何を測定したのか記憶していますが、いろいろな機器を測定するようになると、
記憶があいまいになります。
次の図のようにして、機器の名称を設定しておくことが、データの管理に重要です。
「設定」-「名称設定」を選択して、名称設定画面を表示します。

name2.jpg



もちろん、ファイル名のつけ方や、データを保存するフォルダなどで、分類することはできますが、
測定開始のときに、名前を付けておくことが何よりも安全な方法です。



機器の名称とデータがペアで残る

次図のように、保存したデータの中に、機器の名称が記録されますので、 わかりやすくなります。

name.jpg

先頭へ



カテゴリ: データ処理テクニック紹介