2016/08/04 川越市の高校のグランドで、野球の練習試合中に、1塁ベース付近に落雷があり、16才の男子生徒が心肺停止となって、病院に搬送された。
このとき、雨は降っておらず、落雷を予想していなかったようだ。
実は、この高校のグランドは、筆者の住居からほど近いところにあり、ほんとうにおどろきました。
時間の前後は不明ですが、筆者が自転車で帰り路に、ちょうどこのグランドの方面で、激しい稲光を何度も目撃していました。
不気味な感じがして、一刻も早く自宅に戻りたいと、急ぎました。
後で、ネットを見て、この事故を知ったわけです。
グランドのような広く開けたところでは、遠くの雷鳴でも危険があることは、いろいろなところで警告されていますが、当事者まさか自分たちのところに落雷があるとは思わないのでしょう。
この事故の詳細を知りませんので、これ以上のことは書けませんが、
臆病なくらいがいいのではないかと思います。
行事の責任者のかたは、行き過ぎといわれるほどの安全第一が、雷対策には必要です。
2016/05/12から3日間で57人が死亡する落雷事故があった。
落雷が多発したわけだが、多くの犠牲者が水田で作業中だったらしい。
水(特に水田では)の中にいるときは、動きが不自由になり、逃げ遅れる危険があります。
さらに水に浸かっていれば、雷の電気は流れやすくなり、水を伝って被害が周囲に及ぶことがあります。
水田の上は完全に開放されていて、雷を遮るものや、雷が他に向かう可能性も低くなり、
結果的に、最悪の条件になってしまったようです。
初日の被害者が25人だったそうですから、これだけでも大変な人数ですが、
危険が共有されれば、2日目以降の事故は防げた可能性もあったかもしれません。
大変痛ましく、残念な結果になってしまいました。
日本のコインを加工することは法で禁じられております。
しかし、他国のコインを加工することは何ら問題がありません。

一度は味わってみたい:ゲイシャ

本品は、ベストオブパナマで2位を受賞した経歴を持つ、ゲイシャ栽培の達人が作ったコロンビア・ゲイシャ 「グランハ・ラ・エスペランサ」です。
この幻ともいえるゲイシャをリーズナブルで、お求めやすく、ご提供いたします。数量限定です。この機会にいかがでしょうか。

200g:2,000円
500g:4,800円
1kg :9,500円
いずれも送料込みの価格です。

最適な環境で栽培した逸品

Cerro Azul 農園のあるヴァージェ・デル・カウカ県のトゥルヒージョ地区は、ゲイシャの栽培で成功したことで知られているパナマのボケテ地区と非常によく似た気候条件にあります。

栽培したのはゲイシャの達人

このCerro Azul農園のオーナーは、パナマのカルレイダ農園を購入し、コロンビアとパナマの両国でコーヒー農園の運営を開始しました。
カルレイダ農園は、ベストオブパナマ協議会で2009年2位、2010年3位を受賞しています。

さすがゲイシャの味わい

カップはドライとウェットの両方でゲイシャならではのワインや柑橘を思わせるトップノートと、それだけでなく底を支える馥郁たる芳香が非常に高く、アフターはスッキリ甘い、すばらしい個性を持っています。


お求めやすい価格でご提供

200g:2,000円(送料込)
定型外、クロネコメール便にて発送
お振込確認後の発送となります。


500g:4,800円(送料込)
お振込確認後、ゆうパックにて発送
代引きの場合は別途420円の手数料が発生いたします。


1kg:9,500円(送料込)
お振込確認後、ゆうパックにて発送
代引きの場合は別途料金が発生いたします。


コーヒーのご購入金額の合計が1万円を超える場合は、
送料、代引き料金とも無料とさせていただきます。

Coffee data

地域 	コロンビア ヴァージェ・デル・カウカ県 トルヒージョ地区
規格 	エクセルソ 
業態 	エステート 
品種 	ゲイシャ
標高 	1,800~2,000m
収穫期 	4~5月、11~12月
スクリーン 	15
加工方法 	ウォッシュド 
乾燥方法 	機械乾燥

ピボットテーブルを作るためのExcelのデータの作り方

ピボットテーブルを作るためのデータには、いくつかの制約があります。
詳しくは、メニューの「ソースデータの調整」で説明いたしますが、ここでは、「最低限、これだけは」ということを簡単に紹介しておきます。

  1. データは表形式で作る
  2. 先頭行に見出しを作る
  3. 一つの列には同じ種類のデータを入力
  4. データは一行で完結させる

表の構造はシンプルな住所録を思い浮かべていただければよいと思います。
Excelのデータであれば、どんなデータからでもピボットテーブルができるというわけではありません。
場合によっては、いまあるデータを完全に作り替えなくてはならないということもあります。
いろいろな集計をするのであれば、データを作り替えてでも、ピボットテーブルを作る価値がきっとあります。
まだ、ピボットテーブルを作成したことがないという方は、ぜび、挑戦していただきたいと願っています。

データ集計・分析ツール

「ピボットテーブルなんでもサイト」にアクセスしてくださったので、
ピボットテーブルについては、すでにご存じかもしれません。

でも、簡単に、ピボットテーブルがどんなものか説明させてください。
次の図は、ピボットテーブルの一例です。

商品の販売データの表(データベース)をもとに、販売先別に、商品別に、データを集計したものです。
ピボットテーブルの大きな特徴の一つが、複数の項目に着目して集計する機能です。

通常の売上を記録する表は、日付ごとに、たれが、どこに、何を、いくら売ったかを、単に記録するものです。
しかし、その表だけでは、顧客別の売上額やどの商品が売れているのか判断することは困難です。
複数の項目に着目して集計することができれば、それぞれの項目ごとにデータが分類されて集計されるので、同じデータでも、情報としての価値が高くなり、知りたい情報に近づきます。

また、データを分析するときには、一つのデータをいろいろな面から、色々な切り口で見たいものです。
このようにピボットテーブルは、データ集計の強力なツールであるとともに、データ分析の強力なツールなのです。

八木重吉というひと

1898/2/9生まれ
生地は東京府南多摩郡堺村(現在の東京都町田市相原町)
1919年には駒込基督会で洗礼を受けた。
1921年頃から短歌や詩を書き始め、
1927年に29歳で亡くなった。
5年ほどの短い詩作生活の間に書かれた詩篇は、2000を優に超える。

雨の詩(1)

雨がふっている
いろいろなものをぬらしてゆくらしい
こうしてうつむいてすわっていると
雨というものがめのまえへあらわれて
おまえはそう悪るいものではないといってくれそうなきがしてくる

雨の詩(2)

雨は土をうるおしてゆく
雨というもののそばにしゃがんで
雨のすることをみていたい

雨の詩(3)

窓をあけて雨を見ていると
なんにも要らないから
こうしておだやかなきもちでいたいとおもう

雨の詩(4)

雨のおとがきこえる
雨がふっていたのだ

あのおとのようにそっと世のためにはたらいていよう
雨があがるようにしづかに死んでゆこう

脊索腫・軟骨肉腫に対する治療法の選択:

さらに、長時間をかけてでも一度の手術で摘出しておいた方がいい場合と、
複数回に分けて手術をした方がいい場合などもありま す。
これらは、
患者さまの現在の症状、
腫瘍の存在部位や大きさ、
周辺神経や血管との関係、
さらに、今回が初めての治療であるのか、再発であるのか、
現在ま でに行われた治療の経緯などによって、様々です。

手術の方法について

開頭で顕微鏡下に手術を行なった方がいいのか、
経鼻的に内視鏡下に手術を行った方が いいのかについても、
それぞれの患者さまで異なります。

脊索腫や軟骨肉腫に対する手術については、
大きく分けて、
開頭(頭を開ける)による方法と
経鼻(鼻の穴から到達する)
での方法があります。

内視鏡を用いて経鼻的に手術を選択する

しかしながら、近年の当科での経験をもとに考えると、
多くの患者さまで、内視鏡を用いて経鼻的に手術を行った方が、
安全かつ効果的に治療をすすめることができるように思います。

従来の開頭手術の利点

従来、頭蓋骨を大きく開頭し、
脳を圧迫しながら到達する経頭蓋底手術が主に施行されていました。
この手術では、広い術野を展開できることから、
手術がやり易いという利点が ありました。

開頭手術の大きな欠点

しかしながら、もともと脳の深部から発生し、
中心にある様々な神経や血管を内側から外側へと圧迫しながら増大するこうした腫瘍に対し、
外側か ら到達しなければならないため、
中の腫瘍を切除するためには、
間にあるこれら大切な解剖構造物をひっぱったり、時には切断したりする必要性に迫られまし た。

このため、開頭による手術では、
様々な脳神経を損傷せざるをえないところがあり、
合併症の危険性がかなり危惧されてきました。

開頭手術の問題点は、これ以外にもあります。
通常これらの腫瘍は
脳の一番底面で、硬膜というしっかりとした膜で脳と隔てられているため、
腫瘍がかなり大きくなってしまった場合でも、
これらの膜を突き破って脳の中へと侵入してくることは比較的まれです。
しかしながら、開頭術では、“防御壁”ともいうべき硬膜を破らないと、
腫瘍に到 達し摘出することができません。
つまり、一回の開頭手術で腫瘍が全摘出され、
順調に完治させる方向にいけばいいのですが、
腫瘍が残存した場合には、
せっかくバリアーとなって、脳への進入を抑えているこの隔壁を壊してしまうので、
残存腫瘍の脳内への進入を助長してしまう可能性があります。

経鼻手術を選択する大きな理由

以上より、一般的に は、脳の中心部にある腫瘍に対し、
外から内へと到達する開頭手術よりは、内側から到達できる経鼻手術の方が、
手術の効果や安全性、再治療のやり易さからしても、圧倒的に優れているといえます。

手術前に十分検討すべきこと

脊索腫や軟骨肉腫の治療方法を選択する場合に最も大切なことは、
1.あらゆる可能性を考えた上で、 2.長期的な視点から、 3.この病気をきちんと完治させるためにはどうすべきか という考え方です。

腫瘍を摘出できたからといって、完治と言えないことがある

こうした難治性の頭蓋底腫瘍は、手術で全摘出された後でも、
再発が認められることが しばしばあります。

したがって、
「まず、手術でできるだけ摘出して、残った部分については、そのとき考えましょう」、
「全摘出できれば、その先のことは再 発したときに考えましょう」
という考え方では、
最終的にきちんと完治させることができるとは思えません。

手術は治療戦略の第一段階と考えて、完治に向けた最善の方法を決定する

つまり、行き当たりばったりの治療ではなく
、一連 の治療戦略を立てて、
その、まず第一段階としての手術という観点から、手術方法を選択することが大切になります。

外科的に腫瘍を摘出する場合には、
腫瘍が 全摘出できる場合でも、
摘出後に腫瘍が存在していた部分に対し、適切な後処置を行うことで
再発のリスクを減らすことができます。

また、腫瘍の全摘出が困難 な場合でも、
絶対に傷つけてはいけない構造と、
ある程度危険をおかしても、完治させるためには絶対に摘出しておかなければいけない部分とをはっきり認識して手術に臨む必要があります。

これらの記事は、東大病院脳外科、辛正廣先生のサイトから許可を得て転載したものです。
東大病院のサイトが脊索腫の患者にとってかなり読みずらい印象でしたので、少し見やすく区切りや改行、見出しを設定しました。
主語はすべて東大病院・脳外科です。当サイトをご覧いただきましたら、必ず、東大病院の脊索腫のサイトで、内容を再確認してください。

脊索腫・軟骨肉腫について

脊索腫や軟骨肉腫は、頭蓋底腫瘍の中でも最も治療が困難な病気といえます。

これらの腫瘍では、
複視(ものが二重にみえること)が出現することからみつかることが多く、
それから、顔面の感覚異常や顔面神経麻痺、
さらに はものを飲み込む機能の障害、手足の麻痺などの症状が徐々に進行します。
最終的に適切な治療がなされない限りは、これらの症状の悪化が治まることはなく、
周辺の脳を破壊しながら、増大し続けます。

脊索腫・軟骨肉腫の治療は最も困難

これら脊索腫・軟骨肉腫の治療が最も困難といわれるには、以下のような理由があります。

  1. 頭蓋骨の底、最も深部に発生するため、
    周辺の正常な脳や神経を障害せずに腫瘍を摘出することが極めて困難である。
  2. 摘出ができたと判断された場合でも、腫瘍細胞が骨に浸潤して存在するため、
    この部分の処置が不十分の場合には、比較的早期に再発する可能性がある。
  3. 通常の放射線治療は無効であり、
    重粒子線などの高線量の放射線治療が必要となるが、
    脳幹といわれる生命の維持に関与する部分の近くに発生するため、
    合併症なく高線量を照射することが難しい。

"治すことのできない病気"だったがが、安全で良好な治療効果を提供することができるようになった

つい最近まで、脊索腫や軟骨肉腫は、
"治すことのできない病気"として、諦められていました。
これは、腫瘍が脳の深いところに存在するため
安全に手術で摘出できる範囲に限界があったことと、
不適切なタイミングでの放射線 治療が多いことが原因であるように思われます。
当科では、頭蓋底腫瘍の治療を専門とする基幹病院として、
以前よりこれら難治性の脊索腫・軟骨肉腫の治療に 携わってきました。
その上で、現在までに蓄積された治療データを分析し、
さらに神経内視鏡手術やガンマナイフなどの最新の治療技術を駆使することで、
多くの患者さまに安全で良好な治療効果を提供することができるようになりました。